集塵機で吸引するもので非常に気を使うアスベスト!効率的な集塵はどう進める?

商品分野を問わず、多くの加工現場で採用されている集塵機。生産を継続している以上は永遠に出続けるものですので必要不可欠なのです。

しかし、集塵作業で最も頭を悩ませるマテリアルと言えばアスベストと言えるでしょう。特に建築物等の解体や構造物からの除去作業などについては、良いに暴露していくことが予想されます。ここでは集塵機を大体的に活用して行くものですが、集塵機で作業を進めるスタッフの健康への影響については不安が大きいことも事実でしょう。

それでも、何故かアスベストの飛散防止対策ができる集塵機が意外なほど少なく、大手のメーカーでも対応機器を持っていないことも珍しくありません。ある程度アスベストの対策を行っているメーカーであれば、このようなアスベストの飛散防止集塵機を導入することになりますがちょっとした落とし穴も存在しています。

実は多くの導入企業が機器の選定を間違う傾向にあるのです。一般的にアスベスト対策で専用集塵機を導入しようとしますと、現場面積や風量そして換気機器のパワーなども総合的に考慮して決定しなければなりません。つまり、アスベストが飛散する場所の大きさと換気能力をしっかり把握していないと、導入した機器が正常にアスベストを集塵してくれるか保証が無いと言うことです。

アスベストは一般的なホコリや粉塵とは異なって、決して集塵漏れが許されないマテリアルですのでこの点は慎重に考えて行くことが必要でしょう。