オフィスの衛生維持などは掃除機よりも集塵機の方が集塵効率も高い!

日本では自社ビルを構えるところもあれば、大規模なテナントでオフィスを構えることもあるでしょう。しかし、自社ビルを持っていても管理費用が捻出できない場合は、部屋面積がそれほど広くなければ社員にローテーションを決めさせて衛生維持をさせることも出来ます。

しかし、オフィス自体が大規模である場合は自社ビルでもテナントであっても、自社スタッフに衛生維持を任せることは却って非効率になるでしょう。この場合は独自提携している管理会社に衛生維持を委託するか、そのテナントビルが提携している掃除サービスに頼んでもらうしかありません。

それでも、このようなサービスで導入している機器を見れば分かるのですが、その多くで掃除機ではなく集塵機が採用されているのが分かります。

ビルテナントの場合は下手をすると複数の会社のオフィスに跨って夜間に掃除を進めることもありますので、掃除機をだだっ広いオフィスに使っていてはホコリが集塵出来ないだけでなくて集塵容量にも大きく制限がありますので清掃作業の効率が非常に悪いことは想像に難くないでしょう。

また、オフィスの掃除で必ず集塵機を使用しなければならないのは実はもう1つ理由があります。オフィスによってはオフィスフロアーのようにまだ嵩上げしていないところもあって、その場合は洗剤を使って処理して行かなければなりませんのでホコリを事前にフロアーから徹底的に除去しておく必要があると言う訳ですね。