ホテル内の衛生維持にも集塵機が使われている?

以前は製造業をメインに活用されていたイメージのある集塵機ですが、実のところは様々なサービス体や事業所で用いられています。その中でメジャーなものとしてホテルや旅館業があるでしょう。彼らにとって部屋に染みついた臭いを出来るだけ多く除去することは、今後の業績を向上させる上で決して欠かすことが出来ないことになるわけです。

特にホテルの場合は、ほとんどの客室に窓のある旅館とは異なって窓無しルームもかなり多いと言えます。これは窓のある部屋と無い部屋に関して付加価値の違いを示すために必要な方法ですが、タバコを吸う客が継続的に宿泊すれば、臭いの染みつく部屋とそうで無い部屋との差が大きく広がっています。

そのため、ホテル側とすればこの客室における衛生レベル差を縮めることが稼働率を上げることの最大の課題でして、そこに行くと集塵機は非常に大きな役目を果たしてくれる存在となっています。掃除機は基本的に床のホコリしか吸引しませんが、集塵機は空気中のホコリだけでなく細菌や臭いの元までも吸引してくれるでしょう。

しかし、ホテルによってはこれを徹底することが非常に難しいこともあって、最初から喫煙ルームと禁煙ルームに分けていることもあります。これによって、喫煙ルームだけに集塵機を活用するケースもある訳です。それでも、タバコの煙以外にも、ホテル内には多くのアレルギー物質が蔓延していることもありますので集塵機をフル活用しているところもあります。

集塵機で吸引するもので非常に気を使うアスベスト!効率的な集塵はどう進める?

商品分野を問わず、多くの加工現場で採用されている集塵機。生産を継続している以上は永遠に出続けるものですので必要不可欠なのです。

しかし、集塵作業で最も頭を悩ませるマテリアルと言えばアスベストと言えるでしょう。特に建築物等の解体や構造物からの除去作業などについては、良いに暴露していくことが予想されます。ここでは集塵機を大体的に活用して行くものですが、集塵機で作業を進めるスタッフの健康への影響については不安が大きいことも事実でしょう。

それでも、何故かアスベストの飛散防止対策ができる集塵機が意外なほど少なく、大手のメーカーでも対応機器を持っていないことも珍しくありません。ある程度アスベストの対策を行っているメーカーであれば、このようなアスベストの飛散防止集塵機を導入することになりますがちょっとした落とし穴も存在しています。

実は多くの導入企業が機器の選定を間違う傾向にあるのです。一般的にアスベスト対策で専用集塵機を導入しようとしますと、現場面積や風量そして換気機器のパワーなども総合的に考慮して決定しなければなりません。つまり、アスベストが飛散する場所の大きさと換気能力をしっかり把握していないと、導入した機器が正常にアスベストを集塵してくれるか保証が無いと言うことです。

アスベストは一般的なホコリや粉塵とは異なって、決して集塵漏れが許されないマテリアルですのでこの点は慎重に考えて行くことが必要でしょう。

家庭用でもメジャーになっている電気集塵機!安全に使えるかは本人次第なことも!

最近は事業所以外でも一般家庭でも使用することも多くなった集塵機。特に電気集塵機は家庭用にも普及して来ていますので、木工などでDIYを進める方になりますと大変重宝することは間違いありません。しかし、家庭にて電気集塵機を活用して行く際には意外な落とし穴もあって注意が必要とされています。

それは、基本的に作業後に集塵すると言うことになります。家庭内で作業を行う方になると、どんなに本格的に工房などを抱えて作業を進めていても多くの場合は作業後に最終的に集塵することが多くなるでしょう。それでも中には素材の摩擦を伴う作業もありまして、発火を引き起こすことも十分に考えられます。DIYでも複数の人間がいれば作業と集塵をオンタイムに行うことが出来ますので、火花が一瞬で集塵機内に飛び込まないように注意しなければなりません。

また、比較的火災のリスクが低いと言われている家庭用の集塵機であっても、このような電気タイプの場合不特定多種の粉塵を吸引して行きますと時として引火性の極めて高い物質を吸い込むこともあるでしょう、この場合、多くの方は掃除機を使用するような感覚でいることもあって、思わぬ集塵機内の発火に対処することが出来ないこともあるのです。

そのため、家庭用のものを使用する場合は電気集塵機でないタイプを使用することも安全性を確保するために有効な方法でして、使い方を徹底出来ない方はこの点について注意を払わなければならないでしょう。

オフィスの衛生維持などは掃除機よりも集塵機の方が集塵効率も高い!

日本では自社ビルを構えるところもあれば、大規模なテナントでオフィスを構えることもあるでしょう。しかし、自社ビルを持っていても管理費用が捻出できない場合は、部屋面積がそれほど広くなければ社員にローテーションを決めさせて衛生維持をさせることも出来ます。

しかし、オフィス自体が大規模である場合は自社ビルでもテナントであっても、自社スタッフに衛生維持を任せることは却って非効率になるでしょう。この場合は独自提携している管理会社に衛生維持を委託するか、そのテナントビルが提携している掃除サービスに頼んでもらうしかありません。

それでも、このようなサービスで導入している機器を見れば分かるのですが、その多くで掃除機ではなく集塵機が採用されているのが分かります。

ビルテナントの場合は下手をすると複数の会社のオフィスに跨って夜間に掃除を進めることもありますので、掃除機をだだっ広いオフィスに使っていてはホコリが集塵出来ないだけでなくて集塵容量にも大きく制限がありますので清掃作業の効率が非常に悪いことは想像に難くないでしょう。

また、オフィスの掃除で必ず集塵機を使用しなければならないのは実はもう1つ理由があります。オフィスによってはオフィスフロアーのようにまだ嵩上げしていないところもあって、その場合は洗剤を使って処理して行かなければなりませんのでホコリを事前にフロアーから徹底的に除去しておく必要があると言う訳ですね。

集塵機で心配な音の喧しさ!どうやって緩和できる?

空気清浄などを効率的に行ってくれるツールとして非常に注目されている集塵機ですが、非常に細かなホコリを吸引してくれる反面で非常に大きな問題も抱えています。それは集塵機の吸引動力となる発動機の音になりまして、それと同時に吸引した空気を排気する時の音も耳障りになることも多いのです。

使っている本人だけであれば耳を塞いで我慢をすれば宜しいのですが、これがご近所に対してとなりますと非常に面倒になって行くでしょう。しかし、このような騒音ですが少しでも音を小さくしていく方法は無いのでしょうか?

まず、集塵機を使う際に気を付けるのは出来るだけ窓を開けて使用しないと言うことです。掃除機と違って騒音が凄まじい集塵機は、密集した住宅地になりますと隣から否が応でも耳に入ってくるものです。この場合にお隣との距離があって音が出ても聞こえにくい住宅地であれば良いですが、掃除のときに窓を開ける習慣を持つ日本人は集塵機の使用でトラブルに発展することも多いでしょう。

また、窓を閉め切って集塵機を使用していても排気の際の音が振動としてお隣に伝わって行くことが有ります。集合住宅などでは非常に大きな問題でして、小さな子供などが居る家庭に聞こえますとクレームの対象になることもあるのです。この場合は自動車の防音用のマフラーにように防音機構を自作して排気を工夫することも可能になりますので、多少は迷惑になりがちな集塵機の騒音をコントロールすることが出来ますよ。

企業にとって集塵機を使う目的はホコリの吸引だけに留まらない?

日本のメーカ―の品質の良さの理由は製品を作る技術の秀逸さに尽きるのでしょうが、それと同時に如何に清潔な環境で製造できるかと言うことに掛かっています。このような企業の製造環境を構築して行くために、多くの企業が集塵機を徹底的に活用しているのです。

集塵機は製造現場などに存在するホコリを吸収しますので、食品製造ラインなどであれば必要不可欠な機器と言えるでしょう。しかし、この集塵機は企業によっては単に環境を維持するために使われていると言う分けではなく、価値のある成分などを集積する方法で使われることもあります。

集塵を行うスペースによっては常温で維持されるとは限らず、非常に高温の環境下で進められることもあるでしょう。このような場合になりますと、ガスなどの高温化したものになれば様々な金属などの成分が含まれていることも多くなるのです。

常温の状態になりますと通常のホコリのように粒子の大きなものでなければ分離されることが難しく、それによって集塵による有価成分の獲得は高温化で進められることが一般的でしょう。このような経緯もあって、高温対応の集塵機のニーズは非常に高くなっていまして、集塵機のもう1つの使い方として大いに重宝されているでしょう。

基本的にゴミには僅かですが宝が含まれていることが多く、それをかき集めるとかなりの利益になることもあります。集塵機をどのように使って行くかはまさに企業次第と言えるわけです。